(写真はクリックすると拡大されます)

お盆が過ぎ、北海道の天候は機嫌の悪い日が続きました。しかし今日は、台風も離れ、秋の気配に心地よさを感じました。明日から9月入り。迎える豊穣・収穫の秋は、穏やかな喜びの秋であってほしいと願います。
(写真:先日、アッシュで行われたリバータウンバザールの一コマ)

ジャマイカに住む次女・香菜からお腹の中の写真が送られてきました。一枚はチンチンが写り、もう一枚は指しゃぶりしているとのことですが、どこがチンチンでどこが指なのか、なかなか発見は難しいです。元気でわんぱく坊主な子であってほしいと思わせる嬉しいメールでした。
(写真:ジャマイカにお米などを送ろうと梱包しました。)

今日は午後から、会派・民主市民連合で台風9・11号の農業被害現場視察を行いました。視察先は、被害の強かった上雨粉地区、就実地区、ペーパン地区。雨粉川、辺別川、ペーパン川がそれぞれ決壊、田畑の冠水、農業ハウス被害等は甚大です。農業共済の対象要件は厳しく、野菜農家は共済加入していない方が多く、被害農家の支援が急がれます。国、道への要請、市独自の支援策を求め、会派一丸となり取り組んでいきます。
(写真:雨粉川が決壊。畑がえぐり取られ、ハウスがむき出しとなった被害現場)
  これ以前のブログはここをクリックしてください。